石州半紙・和紙会館の近くを紹介

石州半紙・和紙会館 : 近郊のリスト(直線距離の近い順)

石州半紙・和紙会館

 (せきはんし・わしかいかん) 海の道/見る
石州半紙とは浜田・津和野両藩で漉かれた半紙の総称。古代より製紙業は隆盛、伝統的工芸品・ユネスコの無形文化遺産。

浜田市三隅町古市場589 

浜田市立石正美術館

 (はまだしりつせきしょうびじゅかん) 海の道/見る
ヨーロッパの中世教会と日本の伝統を融合したもの。当地の画家・石本正から寄贈された絵画1,500点程と、数十人の画家の作品収蔵。年に数回、画...

浜田市三隅町古市場589 

正法寺

 (しょうぼうじ) 海の道/見る
737年、行基菩薩の開基。本尊の薬師如来も行基の作と伝える。同寺の菩薩型立像は、温泉津の竜沢寺の釈迦如来と共に、県で2体のみの木喰仏として...

浜田市三隅町三隅 

三隅町歴史民俗資料館

 (みすみちょうれきしみんぞくしりょうかん) 海の道/見る
三隅公園内の資料館は1979年に開館。町内からの民俗資料がほとんどで、生活関係1,248点、生業241点、民具4,000点あり、石州紙の紙漉が注目品、ほか...

浜田市三隅町三隅 

三隅公園

 (みすみこうえん) 海の道/楽しむ
三隅神社境内で、公園のツツジは100mの参道の両側と境内の一角にあり、現在は平戸ツツジと久留米ツツジ5万本あまりがある。

浜田市三隅町三隅 

三隅記念梅林

 (みすみきねんばいりん) 海の道/楽しむ
1972年、町民が寄贈した公園の上の山2haへ、ウメが植樹された。7種のウメの木1,018本。紅、桃、白の花々が早春に楽しめる。結実もあり、三隅公園の...

浜田市三隅町三隅 

三隅神社

 (みすみじんじゃ) 海の道/見る
三隅兼連は足利氏と戦い、山城国で戦死。そこで明治以降に、忠臣とされ昭和3年 神社創建を出願。境内のツツジ約5万本。

浜田市三隅町三隅 

田の浦公園

 (たのうらこうえん) 海の道/楽しむ
三隅川河口に広がる1.2kmにわたる砂浜。浜にはカンナ3,600株の宵待草も120㎡植えられ、海水浴やチヌ・スズキの釣り人多し。

浜田市三隅町湊浦 

三隅城跡

 (みすみじょうあと) 海の道/見る
標高362mの高城山の頂上に、1229年、この地の豪族・三隅氏が構築。石見の名城の一つ。南北朝では上野氏、足利時代は高師泰をしりぞけ、戦国時代...

浜田市三隅町三隅 

龍雲寺

 (りゅううんじ) 海の道/見る
1382年、豪族・三隅氏が開基。本堂の格天井には巨大な竜の絵、1377年の大般若経600巻は県の文化財。その他歴史資料あり。

浜田市三隅町芦谷 

石見三回廊
石見を目的で選ぶ