定めの松の紹介

定めの松

紹介

三瓶山麓の西の原にある松。江戸時代初期に銀山代官・大久保石見守が植樹したと伝えられ、樹齢360年を超え、島根県下で最大と言われ、高さ20m、幹回り8mの巨木である。

場所

住所:大田市三瓶町西の原

営業情報

携帯電話へ送る

携帯電話のメールアドレスを入れると、URLを送信します。


QRコードで携帯ページへ

QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です

石見三回廊
石見を目的で選ぶ