浜田城跡の紹介

浜田城跡

紹介

殿町の市街地中央・亀山の平山城である。築城は1619年、松阪から転じた古田重治が居城とし、浜田川の南側には、「浜田八町」と呼ぶ城下町があり、1866年第二次長州征伐で「自焼退城」となる。

場所

住所:浜田市殿町

営業情報

携帯電話へ送る

携帯電話のメールアドレスを入れると、URLを送信します。


QRコードで携帯ページへ

QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です

石見三回廊
石見を目的で選ぶ