石見国分寺跡の紹介

石見国分寺跡

紹介

国分寺荒廃の跡に、金蔵寺が建てられ(1665)、本堂周辺が国分寺の金堂・講堂にあたり、白鳳時代に製作とされる銅造誕生釈迦仏立像も出土。朝鮮半島系の瓦も認められ、注目される。

場所

住所:浜田市国分町

営業情報

携帯電話へ送る

携帯電話のメールアドレスを入れると、URLを送信します。


QRコードで携帯ページへ

QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です

石見三回廊
石見を目的で選ぶ