20 件のリストが見つかりました。

柿本人麻呂歌碑と人麿の松

 (かきのもとひとまろ かひと ひとまろのまつ) 海の道/見る
人麻呂の歌には、石見の風土と人々の姿を詠いあげたものがある。都野津は人麻呂の妻のゆかりの地といわれ、樹齢800年の松もあったが枯死。市内の歌碑はこの他5ヶ所にある。

室神山(浅利富士)

 (むろかみやま(あさりふじ)) 海の道/楽しむ
浅利町の南部、古代に火山性堆積物でできた山。「浅利富士」の名で親しまれ、山の中腹に県立少年自然の家、ハイキングコース等あり。

波子海岸

 (はしかいがん) 海の道/楽しむ
江津市の西南端、白砂青松という形容がふさわしい海岸線。海水浴場として有名。古くは波子浦、橋浦などと呼ばれ、大崎鼻は人麻呂の歌にも登場し、国道9号線沿いで県内外の海水浴客で賑わう。

石見海浜公園

 (いわみかいひんこうえん) 海の道/遊ぶ
1971年から整備を始めた公園で、浜田市生湯の赤鼻岬から敬川の大崎鼻までの5.5kmの海岸線と、背後の丘陵地を合わせた広大な広さ。主施設アクアス、魚類展示、海水浴、キャンプ等を備えている。

本明城跡

 (ほんみょうじょうあと) 海の道/見る
江津市と浜田市との境界の山頂に、本明城はあった。登城道は聖岩、深山、古釜の3道があるが、いずれも急唆。1562年に落城。

有福温泉

 (ありふくおんせん) 海の道/楽しむ
三方を山に囲まれ、敬川の清流に沿い、山の斜面や河岸に旅館や共同浴場がある。鄙びた風情を持つ温泉街。各旅館に引湯され、内湯の設備が整い、石見地方の保養温泉地として発展している。

有福の善太郎像

 (ありふくのぜんたろうぞう) 海の道/見る
妙好人と呼ばれる善太郎は、若い頃は乱暴者で嫌われたが、不幸に遭遇して念仏行者となり、人々を助けた。浄光寺に善太郎の像。

多鳩神社

 (たばとじんじゃ) 海の道/見る
高野山の麓、森の中にあり、石見の二の宮と古い社である。大和国高市神社から勧請といわれ、旧那賀郡11社中の筆頭であった。

小川家雪舟庭園

 (おがわけせっしゅうていえん) 海の道/見る
小川家庭園は画僧・雪舟が築庭。この地方の旧家の一つで、敷地内に土蔵・書院が残り、早期の民家庭園の資料で県指定名勝。

椿の里公園

 (つばきのさとこうえん) 海の道/遊ぶ
島の星町に「椿の里」公園がある。早咲き・遅咲き等100種類以上の椿が植栽され、美しい自然を演出。健康園路や観光望遠鏡もあり、里から1時間ほど登ると山頂。江の川河口がパノラマのように見える。

石見三回廊
石見を目的で選ぶ